サブバッテリー 走行充電・外部充電

車中泊で使用するサブバッテリーについて、詳しいガイドをしているサイトです。

サブバッテリー.com
■ホーム
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
人気No,1の
車中泊スターターセット
 
 
 
 

ブログ他の人気記事

ソーラー充電

キャンピングカー用ソーラー発電システム

ブログ/旅の空から
 

FFヒーター

FFヒーターとは…

キャンピングカーライフネット
 
道の駅阿蘇

電源が無料で使える、道の駅阿蘇

ブログ/車中泊見聞録
 
ホットランチ

キャンピングカー向きの1.5合炊き炊飯器

ブログ/車中泊見聞録
 
ドクターエア

キャンピングカーで使えるマッサージ・シート 「ドクターエア」

ブログ/車中泊見聞録
 

稲垣朝則の主な著書の紹介

キャンピングカーライフ
 
 

走行充電器(アイソレーター)

 
走行時の余った電気をサブバッテリーに還元する
走行充電器というと、この機器が走行中に発電してくれるような錯覚に陥るが、正確にはクルマに搭載されている発電機(オルタネーター)から、メインバッテリーに充電された「余りの電気」をサブバッテリーへ流し込んでくれる装置で、アイソレーターとも呼ばれている。

クルマの電気

クルマには発電機(オルタネーター)が積まれており、エンジンがかかると発電を開始する。発電された電気は、まずは直接ライトやエアコンに回され、その余りがメインバッテリーに充電される。

普通なら、それで余った電気は捨てられるが、走行充電器はその捨てられるはずの電気をサブバッテリーへ送り込んでくれるエコな奴というわけだ。
なお、メインバッテリーに充電された電気は、エンジンをかけたり、停車中に室内灯を点灯させることに使われている。
 
アイソレーター 走行充電器
 
よくある質問…

サブバッテリーシステムって、

走行充電器だけではダメですか?

 
一見エコっぽくて良さそうだが、結論はまず 「不可能」。

走行充電だけではサブバッテリーがなかなか満充電には至らず、その性能をフルに発揮することは難しい。

最大の理由は、クルマの電気は思うほど余らないからだ。それは走行時に利用している車の電気機器を思い起こせばわかるはずだ。カーナビ・オーディオ・エアコン・ウインカー・ワイパーそして夜はヘッドライト。これらを稼動させ、さらにメインバッテリーが満充電にならないと、サブバッテリーへは電気が供給されない。
 
「サブバッテリー充電時間」のページで書いたように、外部電源からでも満充電には10時間以上かかるのだから、走行充電でそうしようと思えば、真昼にいったいどれだけ車を走らせなければならないのか… 
外回りの営業車ならともかく、一般的には外部充電器を買う方が、ガソリン代より遥かに安くつくことだろう。

 

 

外部充電器

 
クルマに常設して自動的に充電できよう、仕様変更して回路を増設する必要がある。
キャンピングカーの場合は、コンセントにクルマの外部電源口のケーブルを刺せば、車内の電源がサブバッテリーから外部電源に切り替わり、同時に外部充電が始まる。
だが… 市販されている外部充電器は「クリップ」でバッテリーの端子を挟むようになっており、そのままでは、充電する時にいちいちバッテリーに繋がなければならない。
これではオートキャンプ場でも苦労するし、何よりスマートではない。そのためクリップを外し、新たな回路を加える必要がある。
こういったことは説明書には書かれておらず、そういう知識のある人からアドバイスがなければ、セルフ配線時には気づきにくい。
 
 
※こちらは「サブバッテリー・システム パーツと役割」の「充電器」です。
 

サブバッテリー・システム パーツと役割 コンテンツ

■ディープサイクルバッテリー
■DC-ACインバーター
■充電器
Next Contents ⇒ 外注費用の概算
 
 
 
 
まずはここから
■サブバッテリー購入の前に
■サブバッテリーに向く車両
■ソーラーとサブバッテリー
サブバッテリーシステム
理解のための基礎知識
■必要な電気の知識
■主な家電の消費電力
■サブバッテリーの充電時間
■ポータブル電源の実力
サブバッテリーシステム
パーツと役割概要
ディープサイクルバッテリー
■DC-ACインバーター
■充電器
サブバッテリーシステム

搭載ガイド

■外注費用の概算
■DIYと配線の留意点
■配線イメージ図
 

 ホーム | プロフィール | 旅の空から | 車中泊見聞録 | フェイスブック  
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。  Copyright(C)2016 稲垣朝則 All Rights Reserved.