サブバッテリーの持ち時間と計算法

車中泊で使用するサブバッテリーについて、詳しいガイドをしているサイトです。

サブバッテリー.com
■ホーム
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
人気No,1の
車中泊スターターセット
 
 
 
 

ブログ他の人気記事

ソーラー充電

キャンピングカー用ソーラー発電システム

ブログ/旅の空から
 

FFヒーター

FFヒーターとは…

キャンピングカーライフネット
 
道の駅阿蘇

電源が無料で使える、道の駅阿蘇

ブログ/車中泊見聞録
 
ホットランチ

キャンピングカー向きの1.5合炊き炊飯器

ブログ/車中泊見聞録
 
ドクターエア

キャンピングカーで使えるマッサージ・シート 「ドクターエア」

ブログ/車中泊見聞録
 

稲垣朝則の主な著書の紹介

キャンピングカーライフ
 
 
電気の単位と意味

アンペア(A):電流:電線の中を流れる電気の量

ボルト(V):電圧:電流を流す力(圧力) 
 
ここで重要になるのが、バッテリーと自宅の電源の違い。
DCと訳される直流電源12ボルトのバッテリーで、ACの交流電源100ボルトに対応する家電を使う場合は、バッテリーの電圧を約8.3倍まで増幅しなければならない。その為の装置がインバータだ。もちろん増幅する分、電気はそれだけ早く消費される。
 
ワット(W)=消費電力

日本の電化製品は、その消費電力をワットで表示している。

ワットは電流×電圧で計算され、逆にワットから必要な電流を計算する公式は、「電流(A) = 電力(W) / 電圧(V)」となる。
 
たとえば、100ワットを消費する電気毛布に流れる電流は、自宅なら1アンペア。
これをサブバッテリーに換算すると、約8.3アンペアが必要になる。

この計算が、搭載するサブバッテリー・システムの規模を決める際に重要な基準となる。

 

<重要>充電・放電時に発生するバッテリーのロス

サブバッテリーで家電を利用する場合は、記載されたバッテリー容量の約70%しか使えない。
 
バッテリーの容量はAh(アンペアアワー)という単位で表示され、車中泊用のサブバッテリーには通常105Ahが使われている。
本来なら105Ahのバッテリーは、1アンペアを消費する電化製品を105時間使用できる。
ただし、バッテリーは特性上100%まで充電することが難しいうえに、大半のインバータにはリミッターが内蔵されており、設定値よりも電圧が下がった時点で放電がストップする。

この充電と放電時に生じるロスはそれぞれ20%程度といわれており、105Ahのバッテリーの実質容量は、単純計算上105ah×80%×80%=67.2Ahになる

 
つまり、100ワットの電気毛布が105Ahのサブバッテリーで利用できる時間は

105Ah×0.8×0.8÷8.3A=8.06

満充電された状態で約8時間… 
他に電気を使わず、冬に1晩だけ電気毛布が使える。それがサブバッテリー1本分の実力だ。
 
電気毛布
 
※こちらは「サブバッテリー・システム 理解のための基礎知識」の「必要な電気の知識」です。
 
サブバッテリー・システム 理解のための基礎知識 コンテンツ
■必要な電気の知識
■主な家電の消費電力
■サブバッテリーの充電時間
■ポータブル電源の実力
 
 
 
 
まずはここから
■サブバッテリー購入の前に
■サブバッテリーに向く車両
■ソーラーとサブバッテリー
サブバッテリーシステム
理解のための基礎知識
■必要な電気の知識
■主な家電の消費電力
■サブバッテリーの充電時間
■ポータブル電源の実力
サブバッテリーシステム
パーツと役割概要
ディープサイクルバッテリー
■DC-ACインバーター
■充電器
サブバッテリーシステム

搭載ガイド

■外注費用の概算
■DIYと配線の留意点
■配線イメージ図
 

 ホーム | プロフィール | 旅の空から | 車中泊見聞録 | フェイスブック  
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。  Copyright(C)2016 稲垣朝則 All Rights Reserved.