サブバッテリーとソーラー発電

車中泊で使用するサブバッテリーについて、詳しいガイドをしているサイトです。

サブバッテリー.com
■ホーム
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
人気No,1の
車中泊スターターセット
 
 
 
 

ブログ他の人気記事

ソーラー充電

キャンピングカー用ソーラー発電システム

ブログ/旅の空から
 

FFヒーター

FFヒーターとは…

キャンピングカーライフネット
 
道の駅阿蘇

電源が無料で使える、道の駅阿蘇

ブログ/車中泊見聞録
 
ホットランチ

キャンピングカー向きの1.5合炊き炊飯器

ブログ/車中泊見聞録
 
ドクターエア

キャンピングカーで使えるマッサージ・シート 「ドクターエア」

ブログ/車中泊見聞録
 

稲垣朝則の主な著書の紹介

キャンピングカーライフ
 

 
車載のソーラー発電が実質的な実用化を迎えたのは、2012年あたりからだろう。
小型パネルの発電量がアップし、価格も驚くほど安くなった。
とはいえ… ソーラー発電が持つ課題が解決されたわけではない。
ソーラーパネルで発電される電気は12ボルトだ。

従って燃料系の発電機と違い、そのまま100ボルトの家電に利用することはできない。

つまりソーラー発電を利用するには、一度サブバッテリーに蓄電してからインバーターを経由させる、既存のサブバッテリー・システムが不可欠である。
 
 
ではなぜ、みんながソーラー、ソーラーと騒ぐのか…
ご承知の通り、サブバッテリーは「電池」である。つまり使えば減り、やがて空になる。
その減った電気を、これまでは走行充電とコンセントからの外部充電で補ってきた。
しかし長旅では、いずれの方法でも電気の「消費」に「供給」が追いつかない。
容量の大きなサブバッテリーは、当然ながら充電にも時間を要するわけだ。
そこで「第三のサブバッテリー充電方法」としてソーラー発電に注目が集まった。
 
だが現段階では、「旅行中の効果的な充電方法」と呼ぶほどのレベルには達していない。
しかし、明らかに有効といえる別の場所がある。
 
それはマンションの平面駐車場だ。
戸建の場合は自宅のコンセントから充電することができるが、マンション暮らしではそれが難しく、ほとんどのサブバッテリーは「いつも空腹」のままになっている。
そのため本来の性能を発揮できないばかりか、早期の劣化を招く要因となっていた。
しかしソーラー発電を搭載すれば、次回の出動までには「満充電」に戻せる。
 
ソーラー発電
 
上/サブバッテリーの電圧状態。chrgはソーラーパネルから充電されている状態
下左/ソーラー発電した電気をサブバッテリーに充電するチャージコントローラー
下右/ソーラー発電の場合、満充電になるまでには約1週間は必要
 
いずれにしても、これからサブバッテリーを搭載するなら、ソーラー発電を併用するほうがいい。
屋根にスペースがないため、100Wのソーラーパネルを使った筆者のソーラーシステムは、工事費込み約10万円ほどで収まった。
 
サブバッテリーを新調して出かけた17泊に及ぶ4月の東北取材旅では、一度も電圧が12ボルトを下回ることがなく、全く電気の心配はなかった。もちろん電動の冷蔵庫はつけっぱなしで、連日ノートパソコンで3時間ほど仕事をしていた。
 
※こちらは<はじめに>の、「ソーラー発電とサブバッテリーの関係」です。
<はじめにお読みください> コンテンツ
■サブバッテリー購入の前に
■サブバッテリー搭載には好適車両がある
■ソーラー発電とサブバッテリーの関係
Next Contents ⇒  サブバッテリーに必要な電気の知識
 
 
 
 
まずはここから
■サブバッテリー購入の前に
■サブバッテリーに向く車両
■ソーラーとサブバッテリー
サブバッテリーシステム
理解のための基礎知識
■必要な電気の知識
■主な家電の消費電力
■サブバッテリーの充電時間
■ポータブル電源の実力
サブバッテリーシステム
パーツと役割概要
ディープサイクルバッテリー
■DC-ACインバーター
■充電器
サブバッテリーシステム

搭載ガイド

■外注費用の概算
■DIYと配線の留意点
■配線イメージ図
 

 ホーム | プロフィール | 旅の空から | 車中泊見聞録 | フェイスブック  
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。  Copyright(C)2016 稲垣朝則 All Rights Reserved.